更年期障害の症状を具体的に話しましょう

更年期障害の具体的な症状としては、身体的な症状と精神的な症状に分かれています。

身体的な症状として代表されるものとしては、肩がこる・むくみが出る・だるい・肌荒れ・ニキビ・冷え性・便秘・ほてり・頭痛などが上げられます。

精神的な症状としては、怒りっぽくなる・集中できなくなる・気力が湧かない・不安感がある・憂鬱が上げられます。

その他には、不眠といった症状もでることがあります。

これらを具体的に説明してみますと、まず身体的症状では、卵巣の機能だけでなく体全体の機能低下やホルモンの変化の対応力の差、または自立心芸が失調気味になっているかどうかなども影響してくるとされています。
精神的な要因としては、特に完ぺき主義の人やストレスに弱い人は症状が重くなりがちです。
完ぺき主義の人、例えば主婦の場合などは、家事を完璧にしないといけないなどと考えるようです。
この様な人の場合は、家事ができないことを罪悪感に捕らえてい舞うことから、症状が悪化していく傾向があります。
ストレスに弱い人は、その受けたストレスをどうやって発散するかがポイントとなります。

その他には、環境からくるものもあります。
受験の子供がいて神経を使う・子離れからくる孤独感・老後の心配・転勤からくる環境不適応・ご近所の関係などです。